ニュースリリースnews release

2021.12.07

メディアドゥ、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET」(グリート)を12月13日提供開始

「一緒に観る」にさらなる価値を。オンラインで一緒に観て語り合い、新たな出会いを。

株式会社メディアドゥ(東証第一部 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣、以下「メディアドゥ」)は2021年12月13日、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞できるソーシャル映像視聴アプリ「GREET」(グリート)を提供開始することとなりましたので、お知らせいたします。

※提供開始日は予定であり、事情により延期となる可能性もございます


GREET 公式サイト

GREETは、距離が遠くリアルの場に集まるのが難しい‟友達同士”、過去のライブ映像を語り合いたい‟アーティストと大勢のファン”、あの頃の作品の裏話を語りたい‟制作者と視聴者”、名場面の感想を伝え合いたい‟インフルエンサーとフォロワー”などの語り合いを支援し、オンライン空間でかけがえのない時間を誰かと過ごす中で、多様なコンテンツの新たな魅力に出合えるサービスです。コンテンツへの愛を分かち合う仕組みをオンラインで実現することで、映像作品のファンの増加、新たな価値創出、そしてマネタイズの最大化を目指します。


【特長1】‟共同視聴”で映像作品の価値・マネタイズを最大化する「上映会」機能

GREETは、一般のユーザーから著名人まで誰もが、いわゆる‟公式”の映像作品を一緒に観て語り合うオンライン上映会を開催できます。上映会開催に掛かる費用はコンテンツホルダーにも還元されます。さらに、アーティストなどの著名人が主催する場合は、価格を設定して上映会チケットを販売したり、ファン向けに新作やグッズの告知、SNS誘導など幅広いコミュニケーションを取ることも可能です。


【特長2】上映会記念品のNFTアイテムを配布する「Memorable Fan Item」機能を搭載

メディアドゥ提供のNFTマーケットプレイス「FanTop」との連携で、上映会参加の記念品として、NFT(非代替性トークン)を活用した‟チケットの半券”のようなコレクション向きのアイテム「Memorable Fan Item」を配布する機能を搭載します。アイテム保有者を匿名で追跡でき、アイテムを持つ熱烈なファンへのアプローチも可能です。


■GREETのコンセプト

「誰かと一緒に」映像を共同視聴し、作品への思いを語り合う空間の創造
メディアドゥは電子書籍流通事業を主軸に「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ」届け、素晴らしい作品を人々が知るきっかけづくりに貢献しています。映像配信サービスの需要増大に伴って注目を集める、ユーザー同士で映像を共同視聴する楽しみ方に着目したサービスがGREETです。GREETは自宅に友人を招いてライブDVDの鑑賞会をするように、「誰かと映像を視聴し、誰かに思いや魅力を語ってもらう」ことで、多くの人がコンテンツを深く知り、ファンが増えていく仕組みをオンラインで提供します。


映像コンテンツ保護と収益還元で「著作物の健全なる創造サイクル」を実現
素晴らしい作品を世に広めたい思いなどから、昨今世界規模で違法アップロードなどのネガティブな問題が頻発しています。そこで、GREETでは、著作権などの問題からファンにとっては利用・共有することが難しかった公式の映像コンテンツを共同視聴する「上映会」を、誰もが適正に開催できる仕組みを提供します。GREETのサーバーに配置されるコンテンツはDRM処理で保護され、上映会開催にあたって支払われる各費用はコンテンツホルダーにも還元されます。コンテンツホルダーにとってGREETは、サブスクリプションモデルや広告収入モデルと競合することのない、さらなる収益源につながります。



■GREETの「上映会」について

GREETでは、映像作品について自分の思いや考え、裏話などを熱く語る著名人やインフルエンサーを総称して「GREETER」(グリーター)と呼びます。「GREETER」ではないGREETの利用者を「ファン」と呼び、GREETERと大勢のファン、そしてファン同士による映像を介した交流の場を提供します。

<公式映像でオンライン上映会を開催>

GREETは各コンテンツホルダーが保有する映像作品の提供を受け、‟公式映像”を使った上映会をいつでも誰でも開催することのできるサービスです。ファンがファンを呼び、コンテンツへの愛を分かち合う仕組みをオンラインで実現することで、映像作品の価値の向上を目指します。


―著名人やインフルエンサーが主催する「GREETER上映会」

GREETERが主催する「GREETER上映会」では、アプリ上でチケットを作成し、ファンに購入してもらうことにより、蓄積された過去の映像や新作映像を使った上映会を開催することができます。チケット販売による収益を得られ、チケット価格・定員・限定公開は自由に設定可能。お知らせしたい内容を設定し上映会中に告知したり、参加者へ上映会終了後にサンクスメッセージを送信したりする機能もあり、新規作品の宣伝や既存・新規顧客との接点拡大につながる新たなマーケティングツールとなります。

―ファンが主催する「上映会」

ファンはGREETER上映会に参加できるのに加え、公式映像を使ったファン同士の上映会を開催できます。コンテンツへの愛でつながる遠く離れた友人との疑似的な‟オフ会”、飲み会など、ファン同士の集まりをオンラインで実現します。上映費用を主催者が支払うと、最大4人まで無料招待することが可能となっており、「一緒に観ない?」と周囲を誘いやすい仕組みです。6人目以降の参加者は各自が参加費用を支払います。支払われた費用はGREETからコンテンツホルダーにも還元されるため、今後の制作活動を支えることにもつながります。


■【サービス開始記念無料キャンペーン】限定NFTアイテム「Memorable Fan Item」ももらえる!
 第1弾GREETER上映会『GREET × ミオヤマザキコラボ楽曲 大解説スペシャル!上映会』

ロックバンド「ミオヤマザキ」が12月21日(火)19時より、記念すべきGREET初の「GREETER上映会」を開催します。アーティストが一方的にコンテンツを発信するだけでなく、ファンが主役となってファン同士でコミュニケーションする仕組みが用意されたGREETに共感したミオヤマザキが、GREETタイアップ曲として新曲『有ルモノネダリ』をGREETER上映会で初披露し、過去のライブダイジェスト映像と新曲について語ります。
GREETのサービス開始を記念し、今回の上映会は無料でどなたでも視聴可能です。参加者にはもれなく、「FanTop」で入手できる限定NFTデジタルアイテムも配布します。本上映会に関する詳細は同時配信のプレスリリース、ならびにGREET公式サイト内特設ページよりご覧いただけます。


開催日時 2021年12月21日(火) 19:00~ 20:00(予定)
上映会名 GREET × ミオヤマザキコラボ楽曲 大解説スペシャル!上映会
GREETER ミオヤマザキ mio(Vo.)、taka(Gt.)
ゲスト ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
定員 1,000人
チケット料 無料(リリースキャンペーン)
URL https://greet.fan/pickup/mioyamazaki/

<ミオヤマザキ プロフィール>

2013年に東京で結成されたmio(Vo.)、taka(Gt.)、Shunkichi(Ba.)、Hang-Chang(Dr.)からなる4人組ロックバンド。2014年にシングル「民法第709条」でメジャーデビュー、2016年に1stフルアルバム「anti-these」をリリース。2019年に東京・日比谷野外大音楽堂、大阪・大阪城音楽堂での単独公演および47都道府県ツアー、Zeppツアーを行い、2020年には自身最大規模となるワンマンライブ「私を愛してくれないなら死んで」を神奈川・横浜アリーナで開催した。2021年9月にをのひなおによるマンガ「明日、私は誰かのカノジョ」とのコラボソング「アスカノ」を配信リリース。

<FanTop連携・参加者へNFT特典「Memorable Fan Item」をプレゼント>

メディアドゥが提供するNFTマーケットプレイス「FanTop」と連携し、本GREETER上映会の参加者に対し、もれなくFanTopで入手できる限定NFTアイテム「Memorable Fan Item」をプレゼントします。従来は資産性が無かったデジタルデータにブロックチェーンで「誰から誰の手に渡ったか」などの保有者情報を紐づけ、リアルなコンサートやイベントに参加した際のチケットの半券やグッズなどのように、コレクションやファン同士の共有・譲渡・売買まで最大限に楽しめる新しいファングッズです。

※NFTのアイテム入手には別途FanTopのアカウント作成が必要です。
(FanTop:https://fantop.jp

<第1弾GREETER上映会の取材について>

第1弾GREETER上映会は報道・メディア関係者の皆様にもご参加いただけます。取材を希望する場合は申込フォーム(https://forms.gle/NaHXB858ionTPWWi9)へお申し込みください。また、本プレスリリース公開以降、サービスやミオヤマザキに関する事前取材の申請も受け付けます。


GREET 概要

サービス名 GREET(グリート)
対応OS iOS、Android(アプリ)
対応言語 日本語
配信国 日本
課金種別 ダウンロード無料(アプリ内課金)
URL https://greet.fan/

本リリースに関する問い合わせ先

株式会社メディアドゥ 広報担当:戸張(とばり)/大坂(おおさか)
Tel:03-6212-5114/Fax:03-6212-5116
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F
E-mail:contact@mediado.jp

ニュース一覧