ニュースリリースnews release

2021.03.25

株式会社日本文芸社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

株式会社メディアドゥ(東証第一部 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣、以下「メディアドゥ」)は、紙・電子の雑誌・書籍の発行などを手掛ける株式会社日本文芸社(所在地:東京都江東区、代表取締役社長 吉田 芳史、以下「日本文芸社」)の発行済全株式を取得し、2021年3月30日付で子会社とすることを決定いたしましたので、お知らせいたします。


日本文芸社は理念・ビジョンに「出版やデジタル配信で『人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝けるようにする』」を掲げ、生活実用書・コミック・小説など、幅広い雑誌や書籍を紙・電子を問わず発行しています。長年にわたって有力コンテンツを多数輩出してきた歴史ある出版社ですが、いち早く電子配信にも取り組み、近年ではマンガアプリの開発・配信も行うなど、積極的なデジタル化を推進しております。

メディアドゥは国内2,200の出版社と150の電子書店を繋ぐ電子書籍取次最大手です。電子書籍の黎明期から流通を担い、蓄積してきた知見とテクノロジーを駆使し、近年は紙の出版市場を含む出版業界全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)と市場拡大、および出版の新たなマーケット創出に必要とされる存在になることを目指して邁進しております。


メディアドゥグループは近年、出版プラットフォーマーを目指す「インプリント事業」にも注力しており、2019年10月には株式会社JIVEを買収し、少女マンガレーベルのネクストFを刊行しております。ここに日本文芸社が加わることで、複数の出版社がそれぞれのブランドを維持しつつ、管理機能やノウハウ、在庫・生産管理のシステムなどを共有し効率的な出版プロセスの構築を目指すという、メディアドゥのインプリント事業本来の目的に向かって大きく前進いたします。今後は、優れた独自性や編集機能を持つ比較的規模の小さな出版社であっても、個々の伝統や独自性を活かしながら規模の大きな出版社と同等のインフラを利用することが可能となる事業へと発展させてまいります。

電子と紙の出版をデジタルテクノロジーでサポートするメディアドゥグループ、豊かなコンテンツを有し積極的なDXを目指す日本文芸社、両社のシナジーを最大限に発揮することで日本の出版業界に新しい出版社のモデルを提示し、ひいては出版業界全体の成長と文化の発展に貢献してまいります。


【株式会社日本文芸社概要】

会社名 : 株式会社日本文芸社

設立 : 1959年1月

資本金 : 467百万円

代表者 : 代表取締役社長 吉田 芳史

所在地 : 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル

事業内容 : 書籍、雑誌の出版および販売

URL  : https://www.nihonbungeisha.co.jp/

本リリースに関する問い合わせ先

株式会社メディアドゥ 広報担当:戸張(とばり)/大坂(おおさか)
Tel:03-6212-5114/Fax:03-6212-5116
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F
E-mail:contact@mediado.jp

ニュース一覧