ニュースリリースnews release

2023.11.27

メディアドゥ、NFTサービス「FanTop」事業説明会開催

世界初「NFT限定マンガ新連載」などの新企画、2年間の実績数値を発表

株式会社メディアドゥ(東証プライム 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田 恭嗣、以下「メディアドゥ」)は2023年11月22日、NFTサービス「FanTop」が2023年10月12日でサービス開始から2周年を迎えたことを記念し、FanTop事業が出版物の付加価値向上に向け取り組んできた2年間の実績と、今後の成長戦略を紹介する業界・メディア向け事業説明会を開催しました。当日は現地参加で63名、オンライン参加を含めると合計230名以上の方にご参加いただきました。


事業説明会 アーカイブ映像はこちら:https://youtu.be/YpfPdQo_FH8



説明会では、メディアドゥの子会社で1964年創刊のマンガ雑誌『週刊漫画ゴラク』を刊行する株式会社日本文芸社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 吉田 芳史、以下「日本文芸社」)の社長が雑誌市場の現状や、その課題解決の一つとして行う今回の新たな取り組みについて説明しました。

日本文芸社が新たに行うのは、週刊漫画雑誌『週刊漫画ゴラク』の紙版の特典として、NFT電子漫画雑誌「『週刊漫画ゴラク』デジタル特典版」を付け、このNFT限定で新連載作品『するりのベント酒』(原作・久住昌之氏、作画・こしのりょう氏)を4号連続掲載する世界初(メディアドゥ調べ)の取り組みです。この作品の著者である久住氏、こしの氏を特別ゲストに招き、トークセッションも実施いたしました。


(左から)佐々木章子、藤田恭嗣、久住昌之氏、こしのりょう氏、吉田芳史氏、鈴村元

(左)日本文芸社『週刊漫画ゴラク』12月1日(金)発売号
(右)NFT電子漫画雑誌「『週刊漫画ゴラク』デジタル特典版」


メディアドゥからはFanTopの2年間の実績、雑誌や書籍などと連携した新たな注目施策、今後の成長戦略を説明しました。メディアドゥはFanTopの取り組みが将来の出版業界に貢献する一助になるものと考え、引き続き出版物の付加価値向上と新たな読書体験の提供を目指した事業展開を長期的に進めてまいります。


FanTop2年間の実績 ※いずれも2021年10月12日のサービス開始から約2年間の実績
・NFTデジタル特典付き出版物 累計発行部数:187万冊超(年内に追加で40万冊発行予定)
・NFTデジタル特典付き出版物 銘柄数:100銘柄超
・企画数:200企画(NFTデジタル特典以外のNFT販売、キャンペーン施策など含む)




FanTop事業説明会の概要
日時 2023年11月22日(水) 14:00~
登壇者 日本文芸社
・代表取締役社長    
 吉田芳史氏
・執行役員       
 川口圭司氏
・週刊漫画ゴラク副編集長
 櫻井淳氏

特別ゲスト
・『するりのベント酒』 
 原作/久住昌之氏
            
 作画/こしのりょう氏

メディアドゥ
・代表取締役社長 CEO 
 藤田恭嗣
・FanTop事業本部 本部長
 鈴村元
・FanTop事業本部 部長 
 佐々木章子
内容 ①雑誌市場を取り巻く環境と新たな取り組みについて
(日本文芸社 代表取締役社長 吉田芳史)

②『週刊漫画ゴラク』新連載『するりのベント酒』著者×編集者トーク
(特別ゲスト:『するりのベント酒』原作/久住昌之氏、作画/こしのりょう氏)

③FanTopの2年間の実績と成長戦略、「NFTデジタル特典」新企画の紹介
(メディアドゥ 代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣、FanTop事業本部 鈴村元、佐々木章子)
アーカイブ動画 https://youtu.be/YpfPdQo_FH8




事業説明会のサマリー

<開会挨拶>

メディアドゥ 代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣より、開会に際しての挨拶に併せ、「コンテンツ業界・出版業界に貢献していくため、ブロックチェーン上で楽しめるNFTのデジタルコンテンツを本に付けるサービスを始めた」と、株式会社トーハンとの資本業務提携を経て手掛けているFanTopの事業に込める目的に改めて触れました。また、今回の日本文芸社との取り組みについて「初めて漫画雑誌にNFTの漫画雑誌が付き、EPUBの電子書籍ビューアを搭載したFanTopで読むことができる初めての企画」と説明しました。



<【第1部】雑誌市場を取り巻く環境と新たな取り組みについて(日本文芸社)>

第1部では日本文芸社 代表取締役社長 吉田芳史氏より、雑誌市場を取り巻く環境と、FanTopと雑誌の新たな取り組みについてお話ししました。雑誌市場を取り巻く環境として、紙出版物の売上は1997年をピークに昨年まで25年連続で右肩下がりで縮小傾向にあることをグラフを交えて説明し、紙雑誌の売り伸ばしにも貢献しうる『週刊漫画ゴラク』での「限定マンガ新連載」が収録されるデジタル特典版の取り組みについて説明しました。

他社の直近の取り組みにも触れ「出版NFTが世間に認知され、新たな価値がある市場を作る一端を担えれば。NFT電子版がついた週刊漫画ゴラクが雑誌の未来形になることを想像している」と語りました。



<【第2部】『週刊漫画ゴラク』新連載『するりのベント酒』著者×編集者トーク>

『週刊漫画ゴラク』デジタル特典版限定のマンガ新連載として収録される作品『するりのベント酒』の作者である久住昌之氏(原作)、こしのりょう氏(作画)と、日本文芸社から川口圭司氏(執行役員)、櫻井淳氏(『週刊漫画ゴラク』副編集長)によるトークセッションを実施しました。

『するりのベント酒』の連載が決まり、久住氏、こしの氏が初めてタッグを組むことになった経緯のほか、NFT限定で新連載が掲載されることに対する率直な印象など、久住氏とこしの氏の軽妙なトークを軸に多彩な話題が展開されました。

『するりのベント酒』
作者プロフィール

・久住 昌之(くすみ まさゆき) 漫画家・ミュージシャン

1958年生まれ、東京出身。1981年、泉晴紀(現・和泉晴紀)と組んで「泉昌之」名で漫画家としてデビュー。1999年、実弟の久住卓也と組んだマンガユニット「Q.B.B.」の「中学生日記」で、第45回文藝春秋漫画賞を受賞。2019年には絵・文を手がけた絵本「大根はエライ」が第24回日本絵本賞を受賞。根強い人気を誇る谷口ジローとの共著「孤独のグルメ」は、2012年にTVドラマ化。劇中全ての音楽の制作演奏、脚本監修、最後にレポーターとして出演もしている。その他、主な作品に「かっこいいスキヤキ」「新さん」「ダンドリくん」「食の軍師」(以上、泉昌之名義)「花のズボラ飯」「野武士のグルメ」「これ喰ってシメ!」などがある。

・こしのりょう 漫画家

1967年生まれ、新潟県出身。1987年、モーニング四季賞冬のコンテストで佳作を受賞。大学卒業後は広告代理店に勤務しつつ、漫画の投稿を続ける。2004年、「Ns’あおい」にてデビュー。医療現場の厳しい現実に悩みながら、明るく前向きに患者に向き合う看護師・美空あおいを描いた同作は、老若男女問わず幅広い読者層から支持を集め、2006年にはTVドラマ化された。その他、主な作品に「町医者ジャンボ!!」「Dr.アシュラ」「銀行渉外担当 竹中治夫」などがあり、現在は「週刊現代」(講談社)にて、ゴルフ漫画「人生はバウンスバック」日本看護連盟 機関誌「N∞ [アンフィニ]」にて「HANA♪うた」を連載中。


<【第3部】FanTopの2年間の実績と戦略、「NFTデジタル特典」新企画の紹介(メディアドゥ)>

第2部はメディアドゥより、FanTopの2年間の実績と成長戦略、「NFTデジタル特典」新企画について紹介しました。


まずFanTop事業本部 本部長の鈴村より、FanTopのサービス提供から2年間でNFTデジタル特典付き出版物の累計発行部数が187万冊超にのぼり、着実に成果を積み上げていること説明しました。2021年3月に資本業務提携を行った株式会社トーハンとの協力により、全国最大約30,000店舗(コンビニエンスストア含む)の書店へNFTデジタル特典付き出版物の流通・配本が実現できることを改めて強調したうえで、デジタルコピー防止のDRM動画や電子書籍ビューアなど、コンテンツに寄り添った機能提供に強みを持つことを説明しました。
また、2周年記念として、出版社などのコンテンツIPホルダー向けに、FanTopを介したコンテンツ提供に伴うFanTop利用料、コード発行費といった料金を半額にするキャンペーンを来年8月末まで実施することを発表しました。

続いてFanTop事業本部 部長の佐々木より、予定している「NFTデジタル特典」新企画について、企画に取り組まれている各社からのコメントを交えてFanTopの新たな挑戦について紹介しました。




FanTop「NFTデジタル特典」2023年11月〜12月新企画(販売日/開始日順)

❶「七つの大罪 黙示録の四騎士×本屋巡りLINE謎解きゲーム」【東京都書店商業組合】

都内の対象書店から3店舗を巡り、ヒントを探して謎を解きながらゲームクリアを目指す無料イベント開催中!(対象180店舗)
公式HPはこちら(https://nazoxnazo.com/4knights/



<キャンペーン期間>
第1弾:「本の迷宮(ブック・ラビリンス)からの脱出」編
2023年10月27日(金)~2024年2月12日(月・祝)

第2弾:「謎の聖騎⼠との対決」編
2023年12月1日(金)~2024年2月12日(月・祝)



LINE上で進行するストーリーに沿って謎を解き進めます(謎を解くヒントは各書店に隠されています)。クリア毎にNFTアイテムの引換リンクがLINE上で送信されます。さらにコンプリートした方にはイベント限定書き下ろしイラスト(NFT)特典が用意されています!
遊び方はFanTop公式noteでも公開中(https://bit.ly/47wZ2Sf)

本事業は東京都中小企業団体中央会の中小企業組合等新戦略支援事業に係る特別支援「デジタル技術活用による業界活性化 プロジェクト」の委託を受けて、東京都書店商業組合が実施しています。

❷『mini』2023年12月号【株式会社宝島社】

紙の『mini』に特集「THE RAMPAGE 吉野北人」限定撮りおろしNFTデジタル特典がついてくる!


ファン必見!これで推し活もはかどる!?
傷つかない汚れない!「デジタルアクリルスタンド」
甘~いボイスが聞ける「音声付画像」
それぞれ全3種類から1セットがランダムで配布されます。


<発売日>
2023年11月10日(金)


<特別定価>
1,180円(税込)

特典の1つでもある音声付画像は、SNS(X)上でmini公式アカウントよりファンへ「吉野北人さんに言ってもらいたい一言」を募集し、寄せられたセリフの中から3つをそれぞれ収録しています。 発売直後よりデジタルアクリルスタンドを使ったSNS投稿も増加中!



❸『JUNON』2024年1月号【株式会社主婦と生活社】

紙の通常版『JUNON』を購入すると「第36回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ファイナリスト15名それぞれの「デジタルフォトカード」「メッセージムービー」がセットになったNFTデジタル特典がついてきます。


全16種類(内1種レア)から1セットがランダムで配布され、レアアイテムは「全員の集合フォトカード」が当たり、グランプリ獲得者の「デジタルフォトカード」「メッセージムービー」が追って配信されます。(グランプリ発表当日撮影) ※2024年1月号は「通常版」と「特別版」の2種類が刊行されています。NFT付は「通常版」のみ。

<発売日>
2023年11月22日(水)


<特別定価>
900円(税込)



❹『週刊漫画ゴラク 』12/15号より4号連続【株式会社日本文芸社】

週刊漫画雑誌初!紙の『週刊漫画ゴラク』に対象号の「電子雑誌版」と、NFTだけでしか読めない新連載『するりのベント酒』1話分がセットのNFTデジタル特典がついてくる! ※5話目以降は紙版で掲載します。
※本特典のNFTアイテムは出品可能日が設定されています。発売日の翌週月曜日よりN次流通が可能となります。(本アイテムはギフト(無償譲渡)を禁止しております)
※特典の「電子雑誌版」は紙版と一部が異なります。


『するりのベント酒』作:久住昌之 画:こしのりょう
(あらすじ)主人公・三波祐助(みなみゆうすけ)は、人から頼まれると「断れない」日々忙しく過ごすサラリーマン。そんな彼の楽しみは、ベント酒。弁当を食べ、酒を飲んでいる時は、全てを忘れて自由を全身で感じるのだ。隙間時間に楽しみを見出す珠玉の食物語。


<特典付号の発売日>
12/15号 (12/1発売)
12/22号 (12/8発売)
12/29号 (12/15発売)
1/5・1/12合併号 (12/22発売)


<定価>
480円(税込)


\「週刊漫画ゴラク」デジタル特典付き販売記念/
SNS(X)にてフォロー&リポストキャンペーン実施!
抽選で最大200名にamazonギフトカード500円分が当たる!


<キャンペーン期間 ※各50名ずつ抽選いたします。(最大200名)
・第1弾 2023/12/1~2023/12/7
・第2弾 2023/12/8~2023/12/14
・第3弾 2023/12/15~2023/12/21
・第4弾 2023/12/22~2024/1/4


応募規約、対象ポストはFanTop公式アカウントにてご案内いたします。



❺特装版『マンガ 戦国自衛隊』【株式会社飛鳥新社 原作:半村良 画:田辺節雄】

あの人気SF戦記コミックの金字塔が特装版になって登場!
戦国時代にタイムスリップした自衛隊が戦乱の世で戦いを挑むSF戦記の傑作。運命を受け入れ、抗いながら自らの存在意義、その苦悩と葛藤を描いた伝説の名著がついに漫画で復活!


さらに、特装版には800ページ超の大ボリューム『マンガ 滅びの笛』がNFTデジタル特典として封入されています。
『マンガ 滅びの笛』(原作:西村寿行 画:田辺節雄)は絶版となり、市場流通しておらず、完全版として読むことができるのはこのNFT電子版のみ。通常版(普及版)とは+330円の価格差で名作がまるごと1冊ついてくる!
紙のコミック内には、元自衛官で防衛省広報アドバイザーも務めるZ世代のインフルエンサー「かざり」さんのインタビュー記事つき。
※NFT特典は特装版のみ

<発売日>
2023年12月7日(木)


<定価>
1,650円(税込)

▼NFT電子書籍の閲覧方法




「FanTop」について

NFTテクノロジーを活用し、入手したさまざまなデジタルコンテンツを鑑賞・出品・トレードできる、メディアドゥ提供のNFTサービスです。他のユーザーがどのようなNFTを入手したか、何個持っているかなどコレクションを競い合ったり、交換や売買を楽しんだりすることができます。

FanTopは2021年10月より、紙の出版物に特典として、FanTopで楽しめるNFTのコンテンツを付けて付加価値を高める「NFTデジタル特典付き出版物」の取り組みを推進し、紙の出版物の売り伸ばしへの貢献に取り組んできました。NFTデジタル特典付き出版物の累計発行部数は187万冊超に達し、販売単価は通常版比で平均41.4%の向上に成功しています。NFTデジタル特典付き出版物は、出版社50社超と共同で企画開発を行っています(いずれも2023年10月10日時点)。


FanTop WEBサイト https://fantop.jp/

FanTop アプリダウンロード https://lp.fantop.jp/app/appinfo/

本リリースに関する問い合わせ先

株式会社メディアドゥ 広報担当:戸張(とばり)/大坂(おおさか)
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F
E-mail:contact@mediado.jp

ニュース一覧