メディアドゥグループ(以下、「当社グループ」という)は、コンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつと位置付けています。全ての役員及び従業員等は、社会的責任を常に意識して行動する必要があり、当社グループは、本方針に則り、関係法令を遵守し、従業員、取引先、株主などの全てのステークホルダーから信頼される企業を目指します。

本基本方針の制定・改廃は、取締役会の決議によるものとします。


1. 基本的な考え方
(1)当社グループは、社会的責任を果たしつつ持続的な発展を遂げ、企業理念を実現するために、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンス(法令等遵守)を徹底し、企業倫理を確立します。
(2)コンプライアンス(法令等遵守)とは、「当社グループの事業活動に関連する法令、及び当社グループが定める社内規程・マニュアル並びに社会的規範(以下、これらをあわせて「法令等」という。)を遵守し、高い企業倫理に基づいた誠実かつ公平・公正な企業活動を実行する取組み」とします。

2. コンプライアンス体制の構築

(1)体制の整備
 ① コンプライアンスに関する重要事項が、経営陣に適切に報告される体制を整備します。
 ② コンプライアンスに関する事項を一元的に管理し、コンプライアンスを推進する責任者を任命するとともに、法令等遵守態勢の確保のために必要な権限を付与します。
 ③ 役員及び従業員等がコンプライアンス上問題となる行為を発見した場合の報告・相談体制を整備します。

(2)推進活動の実施
 ① コンプライアンス実践のため「コンプライアンス行動指針」等を策定し、周知徹底します。
 ② コンプライアンスに関連する研修を定期的に実施します。
 ③ コンプライアンスを徹底するためにコンプライアンス責任者が定期的に点検を行います。
 ④ コンプライアンス上問題となる行為については、直ちに是正するとともに、原因を分析し、再発を防止します。

3. コンプライアンスに関する役員及び従業員等の行動規範

 ① 企業活動の健全な発展に寄与し、社会からの信頼を得るために、法令等の遵守を行動の基本にすえ、誠実・公平・適正な業務運営に努めます。
 ② あらゆる場面で、あらゆる人に、誠実かつ公平・公正に接します。
 ③ 社会人として守るべきモラル・マナーを自覚し、良識ある行動を実践します。
 ④ 法令等に違反する行為を発見した場合には、勇気を持って指摘し、関係者と協力して是正します。
 ⑤ 上記を実践するため、「コンプライアンス行動指針」を遵守します。

以上

制定 2021年10月13日
代表取締役社長 CEO
代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣